2018/07/15 休日

 背中のものが腫れないように、ボーっとすごしていたら、「朝九時かと思っていたらもう夜九時になっていたΣ(゚Д゚)ガーン!」という一日でした( ・ω・)

 

 ……休むというのはこういうものですが……(;´Д`)

 

 しかしこれなら明後日医者にいく必要はないかもしれません∩(・ω・ )∩

 

2018/07/14 まずい……

 月曜日(7月16日)が祝日だということを失念していた……ま、まずい(;´Д`)

 

 俺は背中に、脂肪の詰まった袋のようなものができているのですが、その袋の周辺が、ストレスやなんらかの物理的なこすれ(?)により内出血から膿みにいたることがあるのです∩(・ω・ )∩

 

 早めであれば、抗生物質だかなんだかの飲み薬で対処=膿みを消去できるのですが、一定以上進むと、ザックリと切除して膿みを出さないと治りません。というか、そうなった状態だと、頭がガンガンするし、気分が悪くて一日中寝ている羽目になります(しかも膿みを出さない限りいくら休んでいても悪くなる一方!)。

 

 昨日(金曜日)の夜に、どうも微妙に腫れてきているのではと思っていて、今日の午前、医者に行くかどうか迷ったのですが……。

 現在、家族がほかの件で大忙しで、明日の途中から俺はしばらく家で一人になります。
 今日の段階で切除するとなると、さすがにそのことをいわないわけにもいきませんが(風呂入れないし、生活のうえでいろいろと厳しい)、そんなことをいえば家族の計画に影響が出ます。正直、現在の状況では俺はそんなことは望んでいません。
 しかし今日なら薬でなんとかなるかも……そもそもなんともないかもしれないし。

 迷ったのですが、午前10時ごろはさほど体調が悪くなかったので、様子を見て必要なら月曜日に行こうと思いました。なんともなくなっているかもしれないし、症状が進んでいなければ投薬だし、切るにしても早めだから前回よりもマシだろうと。

 しかし、午後から、どうも何回か経験している微妙に気分の悪い眠さが襲ってきており、「あかん、これは判断を誤った……」とガックリきたのですが、それに加え月曜日が祝日なので、いつもの医者がお休みです。

 さすがに生死にかかわるほどではないので、救急医療まで利用するのもためらわれますが、仮に膿みが発生しているとすると、火曜日の段階では皮膚を切断して中の膿みをぎゅうぎゅうと指で絞り出してもらうほかなくなっているのでは。

 しかも、そこの医者は、年よりの院長と院長の息子さんがいるのですが、息子さんのほうは投薬はしても切除は経験がないようで(なんでか知らんけど!)、院長がいなかったらどうすんねんという話です(;´Д`) 

 皮膚科を標榜していても切除までしてくれるかどうかはわからないので、もしそこの院長が診察していないとすると、デカい病院へいかないといけなくなるかもしれませんが、当たり前ですが、予約やら紹介状やらを求められる可能性があります。が、そんなもん持ってでかけるくらいなら、院長が来てくれるのを待ったほうが……近くに住んでるわけだし、クリニックから連絡あれば「しゃーねーなあ」と来てくれるかも。いやお元気なのかも知らんので、わかりませんが(;´Д`)

 

 しまったなぁ……と失敗を嘆いています∩(・ω・ )∩

 なるべく疲労せず、ストレスをためず、火曜日まで寝て過ごす、ということになりそうですが、しばらく一人で生活することになるので、メシも洗濯も掃除も風呂もやらねばならぬ(;´Д`) が、掃除はやめておきます。

 しかも切除した場合、しばらく風呂は入れないので、濡れタオルかなにかで体をふくしかないのですが……。

 「逆に考えるんだ。風呂を洗う必要も入る必要もなくなった、と」

 (゚Д゚ ) ・・・・・。

 

 そして木曜日には、名古屋のほうの医者(別の診療科)へ出かける予定が入っており、仮に切除した場合、この暑い中いけるわけもなく(傷が開いてえらいことになってしまう!)、薬の残弾と傷の治り具合次第ですが、こうギリギリではないかという気がしています(;´Д`)

 

 かくして、二次元の女の子は看病してくれない、という老人オタクの悟り=断捨離をし、脱オタならぬ生きるためのオタク断念をすることになるのですが、出費抑えよう、と、ほんと思います(;´Д`) これから医療費がどれだけかかるかわかったものではない……。

 

2018/07/14 むむ

 痛めた親指がようやく治ってきました( ・ω・)
 爪の内側で膿んでいた部分の肌が表に出てきて、内出血したときみたいな皮の向け方をしています。

 しかし、親指の骨の付け根のほうは微妙な痛みが続いていて、年とってくるといろいろ治りが遅くて困るなあと痛感しています(;´Д`)

 俺は体力がそんなにないので、体力低下を感じることがほとんどなかったのですが、最近は駅の階段を上がるときに微妙に疲れた気がしたり、傷の治りが遅かったり傷痕が残ることが多かったりと、体の老化は否定できない状況になっています∩(・ω・ )∩

 残る人生でなにをするか、ですが、別に特にしたいことないなあ(;´Д`)

 

2018/07/11 おいおい

 なんか、例の件、海に散骨とかいう話ですが、ほかに特に良い智慧はないとはいえ、なんか広範囲に影響が出るのではないかと心配……というか、心配ではないんですが(大雨でそれどころではない)、こう、ゲンナリさせられるオチが待っているのでは、という気がしてなりません(;´Д`)

 

 自分の死後は海に散骨してほしいと思っていた人たちはどうするんだろう。
 「死んだ後は誰と混じりあっても知らんわい」と、割り切れるのだろうか。
 わ、わからん……俺もまだ若かったのかなあ(;´Д`)

 

 そして、そもそも海信仰になったり、海岸で修行を始めたりする可能性も……∩(・ω・ )∩ 海岸での修行を禁じる法令はあるんでしょうかね?? ないと作るはめになるのでは(;´Д`)

 「最終解脱とは海に散骨と見つけたり」と、海への散骨を希望する遺書が大量に作成されたりする可能性も。
 まあこれはどうでもいいですが。

 散骨した直後に大津波とか来たら、「救済計画が始まった!」とか騒動も起こりそうだし。

 

 もちろん、「じゃあどないすんねん」といわれても、匿名でプーチン大統領に送り付けるくらいしか浮かびませんが……。

 

 若い人はそもそも事件がようわかってないし、過去の人物をなんでもかんでも女の子やイケメンにするゲームが大量にある現在では、死んだ人間はフィクションで無茶苦茶に使っていい道具のようなものと化していて(ヨーロッパでは訴訟が起きてもおかしくないですが)、どこでなにに使われるかわかったもんではないというのもあります。

 ……海といえばクトゥルフが浮かびましたが……( ・ω・)

 

2018/07/11 手の筋肉痛

 先月末から今月頭にかけて、右手の親指を痛めていたという話をしましたが、そのとき親指をかばい続けていたためか、親指の骨の付け根(手首周辺)の筋肉痛が続くようになってしまいました(;´Д`)

 なんかもう、絵の練習とかする以前に、なにもせんほうがええ、ということになってしまって、たぶん加齢が原因です……∩(・ω・ )∩