2018/07/14 むむ

 痛めた親指がようやく治ってきました( ・ω・)
 爪の内側で膿んでいた部分の肌が表に出てきて、内出血したときみたいな皮の向け方をしています。

 しかし、親指の骨の付け根のほうは微妙な痛みが続いていて、年とってくるといろいろ治りが遅くて困るなあと痛感しています(;´Д`)

 俺は体力がそんなにないので、体力低下を感じることがほとんどなかったのですが、最近は駅の階段を上がるときに微妙に疲れた気がしたり、傷の治りが遅かったり傷痕が残ることが多かったりと、体の老化は否定できない状況になっています∩(・ω・ )∩

 残る人生でなにをするか、ですが、別に特にしたいことないなあ(;´Д`)

 

2018/07/11 おいおい

 なんか、例の件、海に散骨とかいう話ですが、ほかに特に良い智慧はないとはいえ、なんか広範囲に影響が出るのではないかと心配……というか、心配ではないんですが(大雨でそれどころではない)、こう、ゲンナリさせられるオチが待っているのでは、という気がしてなりません(;´Д`)

 

 自分の死後は海に散骨してほしいと思っていた人たちはどうするんだろう。
 「死んだ後は誰と混じりあっても知らんわい」と、割り切れるのだろうか。
 わ、わからん……俺もまだ若かったのかなあ(;´Д`)

 

 そして、そもそも海信仰になったり、海岸で修行を始めたりする可能性も……∩(・ω・ )∩ 海岸での修行を禁じる法令はあるんでしょうかね?? ないと作るはめになるのでは(;´Д`)

 「最終解脱とは海に散骨と見つけたり」と、海への散骨を希望する遺書が大量に作成されたりする可能性も。
 まあこれはどうでもいいですが。

 散骨した直後に大津波とか来たら、「救済計画が始まった!」とか騒動も起こりそうだし。

 

 もちろん、「じゃあどないすんねん」といわれても、匿名でプーチン大統領に送り付けるくらいしか浮かびませんが……。

 

 若い人はそもそも事件がようわかってないし、過去の人物をなんでもかんでも女の子やイケメンにするゲームが大量にある現在では、死んだ人間はフィクションで無茶苦茶に使っていい道具のようなものと化していて(ヨーロッパでは訴訟が起きてもおかしくないですが)、どこでなにに使われるかわかったもんではないというのもあります。

 ……海といえばクトゥルフが浮かびましたが……( ・ω・)

 

2018/07/11 手の筋肉痛

 先月末から今月頭にかけて、右手の親指を痛めていたという話をしましたが、そのとき親指をかばい続けていたためか、親指の骨の付け根(手首周辺)の筋肉痛が続くようになってしまいました(;´Д`)

 なんかもう、絵の練習とかする以前に、なにもせんほうがええ、ということになってしまって、たぶん加齢が原因です……∩(・ω・ )∩

 

2018/07/11 Microsoft Edge

 Webブラウザは、 Google Chrome と Mozilla Firefox と Opera がメインで、 Microsoft Edge はずっとスルーしていたのですが、なんとなく気が向いて立ち上げて使ってみたら、お、重い……(;´Д`) なんじゃこら……。

 歴史的経緯により、他のブラウザは全部敵なので、なんかしたかったんでしょうが、なにがしたかったのかよくわかりません∩(・ω・ )∩

 

2018/07/09 Adobe

 実は結構前に、 Adobe Creative Cloud コンプリートプランを解約してでっかい違約金をとられたのですが、それはともかくとして、解約しました( ・ω・) ←文章が下手

 

 で、その後、フォトプラン(Photoshop と Lightroom が使えるやつ)だけでも契約しようかなと思っていたんですが……最近、商売(商業や同人)でやる人はともかく、単に趣味でお絵かきするのに、ソフトに金を払う必要があるのかどうか本格的に疑問になってきました∩(・ω・ )∩

 

 ところで、たまに「絵を描くためのペイントソフトと、Photoshopのような画像編集ソフトは違う」(?)というような文章を見かけるんですが、率直な話、ほんまかいなと(;´Д`)

 Krita も、マニュアルではそんなようなことが(英語で)書いてありますけど、やがては Photoshop 互換機能は全部つけるんじゃないかなあと思います。
 他のソフトではわりとある「(~というソフト)で描いて、最後はPhotoshopで調整しました」みたいなことをぱんぱんいわれたら彼ら納得せんのとちゃう?んかなあと∩(・ω・ )∩

 GIMP とのすみわけもどうなるのかよくわかりませんが…… GIMP は立ち位置がよくわからないのですが、なんやかんや使えるし。

 そういや G’Mic に入ってた機能を Krita 本体で実装した例もありますね。

 Lightroom は、よく知りませんが、俺がやりたいことくらい darktable で十分すぎるのでは。いや知らんですけど(;´Д`)

 

 Photoshop の機能で、絶対に俺が使いたい機能は、今のところないし、俺がよく映像(英語)を見ている人が使っている中では、「Liquify」(?)が推されているくらいですねい( ・ω・) 日本語名称がまだ頭に入っていないんですが。

※英語の Adobe ソフトの解説動画を見ていると、メニューなどの項目名が英語なので、日本語ではどれなのかときどき悩むことがあります。

 ブラシはいいのあると思うし、現在の .abr ファイルを完全に解析するのは難しいとのことなので、そのまま他ソフトに移すのは期待薄ですが、オープンな形式に(手動で)移植するのは無理ではないですし、やっている例もあります。

 あとは、頑丈というのもありますが……。
 ガウスぼかししまくって、レイヤー増やしまくっても、(俺の環境では)まったく落ちず固まらずなのは、 Photoshop と CLIP STUDIO PAINT だけで……。設定の問題もあるのかなあ∩(・ω・ )∩

 Blender の動画見てたら、同スペックPCなら、 Windows より Linux のほうが Blender のパフォーマンスはよくなる、という話をしていた人がいて、(俺は Windows だけど)本当ならデュアルブートにしようかと思ってます。でも本当かなあ(;´Д`)
 つまり、もしそうなら、 Linux 中心のフリー&オープンソースソフトウェアは、結局、 Windows だとパフォーマンスが最適化(?)できておらず、つまり Windows に最適したソフトウェアにはかなわん、というか重い、ということなのかなあと。
 割とリソース豊富そうな Blender が Windows をそれなりに後回しにしているなら、ほかのフリー&オープンソースソフトウェアはもっと Windows 版をがんばっていないだろうなあと( ・ω・)
 もちろんこれは、 Linux に完全移行すればいい、というだけの話ですが∩(・ω・ )∩

 でも、だとすると、(Windows 版の) Krita は、未来永劫 Photoshop ほどには安定しないのではないかという心配が……(;´Д`)

 あとは、 Krita は、クリッピングマスクを嫌っているので……おんなじことはできますが、微妙になんか違う感がします。

 無料なら FireAlpaca もありますが、正直ポシャるのが心配です(;´Д`)

 

 Illustrator のほうは、そもそもほとんど使いませんが、 Illustrator で絵(ラスターで描くものに割と近いの)を描いている人の動画をいくつか見てみたら、なんというか、ツブしが効かないような印象を受けました( ・ω・) つまり Illustrator 以外では同じやり方でできないので、一生 Adobe税 を治めることになる、と。

 なので、 Inkscape でいいかなあと∩(・ω・ )∩

 

 とまあ、要するに、コンプリートプランは高すぎて契約しているだけで精神的圧迫感があり不幸になるフォトプランも正直高いのでは……、ということですが……( ・ω・)

 

 で、 Krita をメインにするか、まだ CLIP STUDIO PAINT をメインにし続けるかですが、うーん、今のところクリスタがいいんですが、次のマシンを Linux にしたり、 Windows にしても設定の移行に失敗したらめんどくさくなって Krita をメインにするんじゃないかなあと(;´Д`)

 でも、今のマシンがいきなり壊れると、やっすいのしか買えないんですよなあ( ・ω・)